業務内容

地理空間情報部

発注者 事業名 備考
島根県県央県土整備事務所 国道375号(粕渕工区)防災安全交付金(交通安全)工事 物件調査業務委託 物件調査8棟
第八管区海上保安本部 江津灯台施設点検 灯台施設点検1基
島根県松江県土整備事務所 三谷地区 県単地すべり対策工事 用地測量業務委託(Gブロック) 用地測量A=0.29万㎡
隠岐支庁島前事業部 日須賀線(日須賀工区)総合交付金(代行)工事 残土処理場用地測量業務委託 用地測量A=1.8万㎡
境港管理組合 境港港湾施設一般定期点検業務委託(島根県属地) 目視点検(陸上・海上)1式
西ノ島町役場 平成29年度町道三度赤ノ江線 残土処理場測量委託業務 現地測量A=0.0047k㎡、用地測量A=0.47万㎡、申請書作成1式
隠岐の島町役場 西村地区集落道測量設計業務 路線測量L=0.22km、用地測量A=0.45万㎡、道路詳細設計(B)L=0.22km
島根県土地改良事業団体連合会 平成29年度 雲南北地区外分筆測量業務委託 土地調書作成52筆
飯南町役場 H29上赤名住宅団地測量業務 用地測量A=0.51万㎡
奥出雲町役場 町道大峠矢入線 用地測量業務 用地測量A=0.12万㎡
島根県雲南県土整備事務所 平成29年度 中山間地域総合整備事業 飯南地区 用地調査(向谷)業務 用地測量A=6.1万㎡
隠岐の島町役場 平成29年度 町道中町中条線建物事前調査業務 建物事前調査12棟、水準測量180点
島根県浜田県土整備事務所 本町川 県単河川緊急整備事業河川改修工事 工損事後調査業務委託 建物事後調査15棟
島根県松江県土整備事務所 安来伯太日南線(日立坂工区)防災安全交付金(交通安全)工事 用地調査業務委託 用地測量A=0.05万㎡、張出式歩道設計L=0.019km
島根県県央県土整備事務所 国道375号湯抱2工区総合交付金(改築)工事 用地測量調査業務委託 用地測量A=4.67万㎡
飯南町役場 平成29年度 花の谷農道設計・用地測量業務 用地測量A=3万㎡、農道実施設計L=0.58km
奥出雲町役場 防災・安全交付金 町道三沢山根線(尾白小寄工区)用地調査業務 用地測量A=1.1万㎡
島根県雲南県土整備事務所 平成29年度農地整備事業(通作条件整備)掛合川上地区 道路測量調査設計業務 路線測量L=2.2km、CBR試験2試料、道路計画実施設計L=2.2km
島根県県央県土整備事務所 (一)温泉津停車場線外1線(小浜工区)防災安全交付金(交通安全)工事 用地測量業務委託 用地測量A=0.24万㎡
国土交通省 中国地方整備局 出雲河川事務所 神戸川外家屋調査その2業務 建物事後調査77棟、補償費算定77棟
島根県雲南県土整備事務所 出雲奥出雲線外2線 鴨倉工区外 県単緊急災害防除工事 用地測量業務 用地測量A=0.74万㎡、立竹木調査A=1830㎡
島根県益田県土整備事務所 (主)津和野田万川線(鷲原工区)防災安全交付金(災害防除)工事 用地調査業務 用地測量A=2.7万㎡、落石対策比較検討1箇所
海士町役場 平成29年度 町道宇受賀線 通学路安全対策 測量調査設計業務委託 4級基準点測量18点、スウェーデン式サウンディング12m、歩道詳細設計L=0.6km
安来市役所 杉谷線用地測量地質調査業務 用地測量A=2.2万㎡、ボーリングL=24m、解析等調査1式
美郷町役場 九日市地区若者定住住宅団地造成測量設計業務 路線測量L=0.14km、用地測量A=0.26万㎡、ボーリングL=7m、敷地造成基本・実施設計1式
西ノ島町役場 浦郷漁民住宅改善工事設計監理業務 建築設計・監理業務
国土交通省 中国地方整備局 出雲河川事務所 神戸川堤防観測外業務 4級水準測量観測L=71.2km、4級基準点測量132点、移動変形調査369回
完成実例一覧はこちらから

一緒に街を創ろう!山陰開発コンサルタントの仲間をご紹介!

  • 地理空間情報部
  • 地盤調査部
  • 社会基盤整備部
  • 業務企画部・営業企画部

地理空間情報部

地理空間情報部 測量課 測量課
小林 茂 高野 雅志 岡田 敦
測量の仕事に携わり、気が付くと老練と呼ばれる世代に達しました。しかしながら、近年測量方法も変わり、若い人に教えて貰うことも多くなってきました。測量技術そのものも熟練を重ねている、という事でしょうか?現在も今までの実務経験を生かし、新しい技術の取得をする努力をしています。 測量に興味がある方、ぜひ測量部を覘いてみてください。 会社に籍を置かせて貰って四半世紀、新入社員と言えば、息子と同い年の部下を持つ事に。時には部下との距離感に戸惑いを感じることがあったり、なかったり…。地道な作業の多い職種ですが、形作ることの楽しさと大切さに熱弁をふるう事も。 オヤジの背中に我が子たちの(冷やかな?)視線を感じつつ仕事を行っています。 測量は、新しく構造物を「作るため」の測量、災害復旧に伴う「直すため」の測量、変位・変状を「知るため」の観測に関する測量等、目的に応じた結果を残す仕事でもあります。1mmもしくはそれ以下の「量を測る」というシビアな部門ではありますが、あせらず、慎重に、正確に業務をすることを心がけています。
補償課
ページトップへ